シャンプーの洗浄成分をもう一度教えて下さい。

地球に優しくナチュラルに 健康と美容について 自然療法主義の ココヒコ Hirocoです(^^)

 

めっきり寒くなりましたね。

町で、マフラーをする人に目がいきます(*^^*)

今日は東京にいます。

当たり前なんですが、

電車の中での話し声は、東京弁(笑)

ここは大阪じゃないって(笑)

そして、女性の横に、立つと、

素敵な香りがしました(*^^*)

これは、シャンプーの香りかしら?

 

そうそう、

シャンプーの洗浄成分について

お問い合わせがありましたので、

簡単にお伝えしますね(*^^*)

 

シャンプーの洗浄成分

洗髪の為のシャンプー、

皆様はどんな基準でお選びですか?

シャンプーは洗浄成分が非常に重要です。
価格も様々なシャンプーですが、

ボトルの裏面にある成分表示で
どんな洗浄成分のシャンプーなのかご自身で確認することができますよ。
これからのシャンプー選びのご参考にしてみてください。

シャンプーの洗浄成分には、

界面活性剤の種類で分けられます。
天然由来の界面活性剤と石油系由来の界面活性剤です。
シャンプーに配合されている成分で特に気をつけて頂きたい成分を
以下に挙げておきます。

1、『ラウリル硫酸Na』『ラウレス硫酸Na』などの硫酸系の洗浄成分。
石油系界面活性剤で脱脂力が強く、市販の安価なシャンプーによく使用されています。

2、『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』天然由来の界面活性剤ですが、
この洗浄成分は洗濯用洗剤や住居用洗剤にも使用されるほど強い洗浄力があり、
安価な成分でもあるため、みなさまがよく目にする有名なノンシリコンシャンプーにも
配合されていることがあります。

無添加と謳ったノンシリコンシャンプーの洗浄成分が
このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使用していることもありますのでご注意ください。

ボトルの成分表示に『ラウリル硫酸Na』『ラウレス硫酸Na』や『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』
の配合されていないノンシリコンシャンプーをお使い頂くことが、
スカルプケアで髪の悩みを改善する上で大切なポイントです。

お使いのシャンプーや、ご購入の際に少し成分表示を確認してみてください。

 

お問い合わせ  株式会社Architect  TOKYU CoCo-Hico  072-366-7218 info@coco-hico.com